また・・カメラ始めました。

アクセスカウンタ

zoom RSS フィルムとデジタルの一眼レフカメラ 〜 ファインダーの倍率について思う 〜

<<   作成日時 : 2016/01/17 11:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 私の手持ちのカメラの中で、ファインダーを覗いていて、一番しっくり来るのはニコンのF100です。

 このカメラの良い所は、ファインダー内の像が広々と表示されながら、メガネをかけている私でも、ファインダーの四隅がケラれない程度に見渡せた上で、露出などの情報が無理なく見えると言う点です。
 またF値のそれほど明るく内レンズを使用していても、マット面はそれなりに明るくザラツキも少ないので、ファインダーを覗いていて気分が良いカメラです。

画像


 
画像


 ニコン F100のファインダーの諸元ですが、ファインダー倍率約0.76 倍、ファインダー視野率 約96%と、なっています。

 ファインダー倍率とは、ファインダー内がどのくらい広いのか目安となる数字です。
 原則、50mmレンズを装着したときに、どのように見えるかを基準としているそうです。
 
 よって、ファインダー倍率が1.0倍と言うことは、裸眼で被写体を見たときと同じ見え方になると言うことです。

 視野率とは、実際に撮影する画像(フィルム面やデジカメのイメージセンサーに映る画像)を100%とした時に、ファインダー内の画像として、どの程度反映されているか示した数字のようです。
 
 例えばファインダー視野率が95%となると、実際に撮影する画像に対してファインダー内に表示されている画像は5%欠けていると言うことになります。
 「欠けているって何?」って事ですが、上の事は実際に写される画像からの割合での話のため、フィルム面(イメージセンサー面)に映っているものが、ファインダーには表示されていない。

 反対にファインダー面から見た割合いで言えば、ファインダーで100の情報が見えているとしたら、フィルム面には102とか103の画像が映っている。
 つまりファインダー内余計なものが映らないようギリギリにフレーミングをしていたつもりなのに、出来た写真には余計なものが映っていた。
 と、言う事になります。
 高級機はファインダー視野率は100%となっている機種が多いです。
 しかしこれも100%相当と言うのが正しいようです。
 何せ100%を少しでも超えれば、今度はファインダー内に被写体をギリギリ収めたのに、出来た写真には被写体が収まりきっていないと言う事になり、こちらの方が問題が大きい訳です。

 とりあえず、ファインダーと出来上がりの写真が出来るだけ一致する方が、写真撮影はしやすい訳ですが、100%に近い値を達成するためには、厳密なセッティングも要求される事となりカメラを製造するコストもあがってしまうので、達成している機種は高級機と言う事になります。

 (ペンタックスのデジタルカメラの用に、ボディ内手振れ補正機能でイメージセンサーが電気的に稼働する事が出来る事を利用して、ボディを組立た後にセンサーの位置を微調整して100%を達成してしまうと言うすご技で視野率100%を達成しているものもあるそうです。
 またNikonD7000番台のシリーズも、アサヒカメラのニューフェイス診断室のメーカーコメントを読むと、何らかの後調整によって達成している旨記載がありました。
 いずれにせよ、上記のような今までとは違う技術的パラドックスで達成している機種も増えて来ている事から、少しずつ身近になってきているのも確かなようです。)

 さて、自分だったら倍率と視野率どっちが大事?!と言う所なのですが、私は視野率100%にこだわりません。
 だって、ファインダー倍率が高すぎ四隅がケラれてしまったら、せっかく視野率100%を達成していても厳密なフレーミングどころじゃないですし、倍率が低すぎて井戸の底をのぞくようなファインダーじゃ撮影意欲が湧かないですし。
それにフィルムだとプリント時に上下左右一部切られてしまったりするから、よっぽど作品用の写真としてプロラボに頼まなければ100%のプリントにならないし、デジタルなら余計なもの写っていたらトリミングしてあげればいいですしね。 
 
 さて、手持ちのカメラやその他含め、色々なカメラのファインダーの倍率を見比べてみました。
各メーカーの諸元から拾ってみました。
 
ファインダー倍率
<フィルム一眼レフカメラ>
ニコン
 F100  約0.76 倍
 F6  約 0.74 倍
 F5  約 0.70 倍 
 F4 約0.75倍
 F3(アイレベル) 約0.80倍
 F3(HP) 約0.75倍
 FE 0.86倍
 FG 0.84倍

キヤノン
 EOS-1N 約 0.72 倍
 EOS-1N 約 0.73 倍
 New F-1 約 0.8倍 

<デジタル一眼レフカメラ(フルサイズ機)>
ニコン D4S 約0.7倍
ニコン D750 約0.7倍
ニコン D610 約0.7倍

EOS1DX 約 0.76 倍
EOS5DmkV 約 0.71 倍
EOS6D 約 0.71 倍

<デジタル一眼レフカメラ(APS-Cフォーマット機)>
※以下の機種はAPS-Cフォーマット機なので、()内の数字は、35mm版フィルムサイズに対する換算するため、35mm版に対する焦点距離の倍率で割り算をしています。(ニコン、SONYは1.5、キヤノンは1.6)

キヤノンEOS40D 約0.95倍(約0.593倍)
キヤノンEOS7DMkU 約1.0倍(約0.625倍)
SONY α700 約0.90倍(約0.6倍)
ニコン D300 約0.95倍(約0.63倍)
ニコン D70 約0.75倍(約0.5倍)

 こうやって見比べると、ニコンF100のファインダー倍率は0.76倍なのでかなり大きい部類に入ります。
 上には上でMF機などは0.8倍を超えている機種があります。

 「倍率は大きければ大きいほどいいの?」
 
 と、言う訳で、私も最初は「大きければ、大きいほど広々としたファインダーを覗けるのだから気持ちが良いのだろう」と思っていましたが、実際はそう簡単には行きません。
NikonFEもFGも、デジタル一眼レフ、それもAPS-C機に慣れた身からすればファインダー内が広くて気持ちがいいですし、MFでピントも合わせやすいです。
 しかし、メガネをかけていると四隅がケラれます。
 
 やはりメガネをかけているとMF機でも0.8倍あたりを超えると、ファインダーの四隅がケラれてきます。ニコン F3のアイレベルでもケラれるので、F3 HPが約0.75倍としているのは、私たちのようなメガネ人の使い勝手を考慮しての値なんですね。

 またAF、AEとなり、ファインダー内の表示情報が増えるにつれ、被写体が見渡せてもファインダー内情報がケラれてしまっては、使いやすいカメラにはなりません。
 ニコンF5以降からD5に至るまでのニコン一桁系は、露出の+・−表示のバーがファインダー右端についています。
 キヤノンのフィルム・デジのEOS-1系もしかり(EOS7D系もそうですね)。

画像

(EOS7Dのファインダー内表示、表示される情報量がスゴイ事になっています。)

画像

(ニコン FM3Aのファインダー表示、MF機はファインダー内情報がシンプルですし、マット面全体でピントを合わせるなら、倍率が大きい方がピント合わせしやすい事になります。)

 手持ちのEOS-1Nは倍率0.72倍ですが、露出の+・−表示のバーがケラれないように見るため、ファインダーを覗き込む角度にすごく気を使います。
 現行EOSデジタルの最高峰EOS-1DXは0.76倍で、ニコンのフルサイズD一桁機の0.7倍のファインダーよりも広く見えます。
 しかし、ヨドバシカメラで両方のカメラのファインダーを覗き込むと、EOSは被写体を覗き込むのが精一杯で、ファインダー内情報全てをケラれず見る事は出来ませんでした。

 
画像

(EOS-1DXのファインダー ファインダー下、右、常に全部光る訳でないですが情報量が多いです)


 ニコンは、F5やデジタルのフルサイズ一桁機で、0.7倍としていてみますが、情報量の多い現在のAFカメラの場合、私にとってはこの位の倍率が一番覗き込みやすい気がします。

 手にした当初、ファインダー像が小さいなぁと感じた、α700やEOS40DのAPS-C機も、当初より色々理解した上で覗き込むと、ファインダー内の情報を瞬時に読み込むのに十分なサイズで、今となっては満足です。

 しかし、ニコンのD70は、他のカメラと比較するとちょっと寂しいですね。
 マグニファイヤーアイピースで拡大しちゃうと言う手もありますが、AFだけ使う分にはOKです。

 とりあえず結論としては、ファインダー倍率は人によっては倍率が大きい方がいいし、私はあまり大きすぎても困ると言う結論に達しました。
 またファインダーは視野率と倍率だけでなく、明るさやキレも大事。

 とにかくNikon F100はその辺の満足の高いカメラです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニコン D7200 ボディの最安値はこちら!
ニコンのデジタル一眼レフカメラ、D7200 ボディの最安値はこちら! 家電量販店で価格を見てみると、およそ9万円しますね。 電気の消費が大きい点はあるものの。 従来のカメラと比べて、画面が大きくなって、画質も向上していますし。 何より、抜群のホールド感ですから、人気が高いのも納得のカメラだと思います♪ ネット通販では、楽天市場が最安値で購入可能です。 家電量販店よりも2万円ぐらい安く買えますし、品ぞろえも豊富になっているので。 楽天市場はお買い得です♪ →ニコン D7200 ボディ(楽天市場) ... ...続きを見る
ネット通販の【最安値】はこちら!人気商品...
2016/11/17 17:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィルムとデジタルの一眼レフカメラ 〜 ファインダーの倍率について思う 〜 また・・カメラ始めました。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる